NISAで海外投資デビューを

2014年1月から新しい非課税制度NISAが始まりました。
NISAとは少額投資非課税制度で、毎年100万円までの新規購入の株等から得る利益に対して最長で5年間非課税にするという物です。

 

株なんて縁が無い、株の売買などは素人には扱えない難しい物だから関係無いと思う人がいるかも知れません。ですが、投資信託を使い運用を専門家にまかせて得るものもありますし、優良な株を買ってその配当金を得るという方法もあります。確かに銀行預金のような元金保証はありませんしノーリスクとはいきませんが、今回非課税となることもあって低いリスクでよりよい利率が得やすくなっています。せっかくの機会ですから、興味があればNISAの利用を検討してみると良いと思います。
ただし、不正な利用を防ぐためもあってか利用にはいろいろと制約もあるので注意が必要です。

 

例えば非課税になるといってもどんな使い方をしても良い訳ではなく、NISAを利用するための専用の口座を新たに作る必要があります。しかも、口座は一つしか持てませんし、一度作ると別の口座に変更もできません。

 

ですからNISAを利用する際はどの金融機関に口座を作るかが非常に重要になります。あわてて作らずに、自分がどんな使い方をしたいかをよく考えて、それにふさわしい金融機関を選ぶ必要があります。

 

NISAで海外投資デビューを

NISA口座を利用できるのももうすぐですね。非課税ということはこれまでにトライした事のない投資方法にも積極的にチャレンジできるということです。NISA口座を使ってオススメしたいのが、海外ETFです。単独で外国株式を取引するよりもメリットがあります。例えば、海外ETFで長期分散投資をすることで諸外国の経済成長を見ながら、リスクを分散させることもできます。

 

海外投資のリスクは、信用リスクと価格変動リスクの二つです。この二つのリスクをNISAを使えば抑えられるのです。海外ETFなら投資先が分散されるので、個別企業の信用リスクにさらされる確率が減ります。そして、NISAは5年間の100万円枠で長期的に分散することで価格変動リスクにも対応してくれるのです。投資信託と同じように毎月決まった金額を投資し続ければ、多少の価格変動があっても利益を得られる可能性が高まります。

 

NISAを使って倍返しだ

NISAが本格的にスタートしました。年間100万円までの投資から得る譲渡益や配当金に税金がかからないというものです。私は口座開設の申し込みは澄ましましたが、まだ開設は出来ていません。

 

でも、たぶん100万円も出せないと思いますのでそんなには焦っていません。それに今年に入ってから日経平均株価は足踏み状態ですので、丁度いい調整になっていると思っています。また、4月からは消費税が上がりますので警戒感も多少はあると思います。

 

去年の1月といえば、右肩上がりに株価は上がっていましたが、今年はそんなに甘くはないでしょう。それでも年末には1万8千円とか、2万円とかいう声もありますので楽しみではあります。夏以降に上がっていくのかなーという感じです。おそらく将来性のありそうな中小型株を買うことになるでしょう。NISAは、基本的には長期投資を前提にしていると思いますので、2〜3年で2倍、3倍になってくれないかなーというイメージです。銘柄は書きませんが、ある程度買う予定の株は決まっています。

 

今回、投資信託も対象ですのでそちらでもいいかもしれません。今回、初年度の取引手数料が無料の会社もありますので、とても助かります。まだ制度は始まったばかりですので、様子見の人も多いかもしれません。それにしても昨年の爆上げを経験してしまうと、株を辞めるのは難しいですね。今年は、あまり欲をださずにがんばろうと思っています。